妊活セミナー(無料)開催中 電話で予約 Webで予約 妊活セミナー(無料)開催中 電話で予約 Webで予約
京野アートクリニック高輪

ごあいさつ

京野アートクリニック高輪は、なかなかお子様に恵まれないご夫婦のための、専門スタッフと心のケアを充実させた、完全予約制の高度生殖医療(体外受精・顕微授精・人工授精・男性不妊)専門治療施設です。

当院では、産婦人科専門医、泌尿器科専門医が安全かつ最先端の技術で治療をご提供します。不妊原因を一通り検査し、検査結果や不妊期間、女性年齢、今までの治療歴に応じて、卵巣刺激、人工授精、体外受精、顕微授精を行うステップアップ方式により治療を行っています。

また、当院はプライバシーと心のケアにも力を入れています。プライバシー保護のための患者呼び出し用院内PHSの使用、手術後などにお休みいただけるリカバリールーム、生殖心理カウンセラーによる心理カウンセリング、認定遺伝カウンセラーによる専門的な遺伝相談も行っています。

設備面では、危機管理システム(培養器異常時緊急通報システム)、停電に備えた自家発電装置をはじめ、地震対策を実施するなど、地震対策も万全です。

当院は、さらに快適な院内環境を整え、より安全でより高度な技術を追求し、より高い妊娠率を目標に全力を尽くしてまいります。皆様のご来院をお待ちしております。

理事長 京野廣一から皆さまへ

京野アートクリニック高輪理事長の京野廣一初めまして。京野アートクリニック高輪 理事長の京野廣一です。

当院では"患者本位の治療"をモットーとし、タイミング法から体外受精、無精子症患者への精巣内精子を使った顕微授精まで、あらゆる高度先端医療を最高のレベルで行っております。

2011年3月におきた東日本大震災の際、仙台院には自家発電装置があるため、停電による被害はありませんでした。しかし、今後また何かあった時に備えて、患者さんのデータや培養液を2か所で管理しておけばより安全だと考え、東京でのクリニック開院を決意いたしました。


当院での不妊治療の3つの柱

京野アートクリニック高輪では、3つの柱を掲げて治療を行いたいと考えています。

1つ目は「男性不妊」。無精子症の治療法の1つで、顕微鏡を使って精巣の精細管から精子を見つけ出すMD-TESEは、泌尿器科専門医の永尾光一先生が担当します。(男性不妊についての詳しい説明は、こちらをご覧ください)

2つ目は、卵管のつまりや卵管が狭くなっている場合の治療法「FT(卵管鏡下卵管形成術)」です。これは手術といっても、保険がきき入院の必要がありません。(FTの詳しい説明は、こちらをご覧ください)

3つ目は、「IVM(未成熟卵体外培養法)」です。多嚢胞性卵巣症候群の患者を対象に副作用を避けるために、成熟前の卵子を体外で培養してから受精させ子宮に戻すというものです。(IVMについての詳しい説明は、こちらをご覧ください)



また当院は、不妊治療の技術を活用して、白血病やガン患者の妊娠のサポートにも力を入れています。放射線療法や化学療法の前に、卵子または卵巣の一部を採取し冷凍保存することによって、将来の妊娠につなげたいと思っています。

17年間で10,000人以上の赤ちゃん誕生の実績をもとに、まごころを尽くした治療を心掛け、皆さまのお役に立ちたいと思っております。ご来院をお待ちしております。

理事長 京野 廣一 略歴

現在
日本産科婦人科学会 専門医
母体保護法指定医師
日本生殖医学会生殖医療専門医
医学博士
所属学会・役職等

客員教授
東邦大学医学部産科婦人科学

顧問
日本IVF学会
日本生殖医療心理カウンセリング学会

評議員
日本不妊カウンセリング学会

理事
日本低温医学会
日本不妊予防協会

代表世話人
東北ART研究会

プロフィール
1951年4月14日 宮城県松島生まれ。
現在、3児の父。 身長180cm、体重71kg。
座右の銘
文・行・忠・信
(文を学ぶこと、学んだことを実行すること、 まごころを尽くすこと、偽りの無いこと)
略歴
1978年に福島県立医科大学を卒業し、東北大学医学部産科婦人科学教室入局。1983年、チームの一員として日本初の体外受精による妊娠出産に成功。1995年7月にレディースクリニック京野(大崎市)、2007年3月に京野アートクリニック(仙台市)を開院し、2012年10月に京野アートクリニック高輪(東京都港区)に開院する。

施設案内

診察時間

※日曜は隔週(9:00~14:00)で診療いたします。詳しくはこちら
※祝日も休まず診療いたします。

ご予約お問い合わせ

電話予約

京野アートクリニック高輪
〒108-0074 東京都港区高輪3-13-1
TAKANAWA COURT 5F
TEL.03-6408-4124 FAX.03-6408-4125