1. TOP
  2. 医療コラム
  3. 保険診療で正しい男性不妊治療を~薬のはなし①髪の毛を増やす飲み薬はやめた方がいいの?

医療コラム

コラム 2023.01.16

保険診療で正しい男性不妊治療を~薬のはなし①髪の毛を増やす飲み薬はやめた方がいいの?

「AGA治療」とよく聞くようになりました

最近外来で診察していると、「プロペシア」や「ザガーロ」などの5αリダクターゼ阻害薬という種類の内服をしている方が増えている感じがあります。これらは男性ホルモンに起因する男性型脱毛症(AGA:Androgenetic alopecia)、要は男性型薄毛の治療薬です。高齢の方は前立腺肥大症の薬(アボルブ)として内服している方もいらっしゃいます。効果は非常に高く、90%以上のAGA患者に薄毛に対する効果があったとする報告もあり、たくさんの論文でその有効性が示されています。

AGA治療薬はなぜ薄毛に効くのか

男性ホルモンの効果は様々あり、筋肉量や骨密度を上げたり、造血作用や内臓脂肪の減少させたりします。また性欲や性機能を保つことや、精巣内で精子の形成を促進する効果もあります。男性として体を保つのに欠かせないホルモンですが、薄毛、ニキビなどの原因にもなります。
男性ホルモンであるテストステロンは酵素の働きによってジヒドロテストステロンという物質に代わります。実際に男性ホルモンとしての作用が強いのはジヒドロテストステロンであり、効果の差はテストステロンの10倍以上とも言われています。AGA治療薬はその変化を止める薬ですので、男性ホルモンの効果を弱め、薄毛を防止します。

男性ホルモンの効果が弱くなっても大丈夫なのか

AGA治療薬の副作用として症状では「性欲低下・喪失」、「性的刺激への反応の低下」、「勃起不全」、「オーガズムの喜びの喪失または感覚の欠如」、「性器の感覚障害」、「射精量の減少」、「精液所見の悪化」、「慢性疲労」、「うつ病」「不安障害」、「不眠症」などがあります。また身体所見では「陰茎の萎縮」、「精巣縮小」、「女性化乳房」、「筋力低下」、などがあります。
これらは男性ホルモンが低下している状態で認められる症状でもあり、AGA治療薬を使用することで男性ホルモンの効果の低下が全身に影響してることがわかります。もちろん全員に症状が出るわけではありませんが、これらの症状が出る場合は利用を控えるなど対応が必要です。

AGA治療薬の男性不妊に対する影響

ある報告では、1 日 1 mg のフィナステリド(プロペシア)は、 健康な若い男性の精子形成、精液量、または精子の形態を変化させないとしています。投薬前と比較して、48週間の投薬後と中止後60週での変化が認められませんでした。
しかしながら、他の報告ではフィナステリドを内服している不妊の男性患者で、投薬を中止したところ、大幅に精液所見が改善している報告も散見されます。
AGA治療薬を男性が内服した際に、妊娠自体に直接どのような影響を及ぼすのかの報告は見つけられませんでしたが、精子のDNA損傷率がフィナステリドの内服をやめたことで改善した報告はあります。また副作用も個人差が大きく、AGA治療薬の反応に個人差があるとしている報告もあります。
またこれらの変化の多くが可逆的であり、休薬後3-4か月で改善するとしています。

不妊治療中のAGA治療薬は結局どうすれば

これらの結果から言えることは若く精巣の機能が正常であれば、そこまで大きな障害にはならないとしても、精液所見が悪かったり、精索静脈瘤があったり、なかなか妊娠しないという方は避けておいたほうがいいと考えられます。
基本的に我々の男性外来ではAGA治療薬は不妊治療中は休薬を推奨しています。
いくつかの論文を見ても男性不妊に対するあまり大きな調査はなく、エビデンスは不足している印象です。しかしながら不妊治療は悪影響になりうるものを取り除いていくことも重要ですので、禁煙するのと同じように休んでいただくことが望ましいと考えます。
ただし、よくプロペシアなどと併用されるミノキシジルは血管を拡張し、頭皮の血流を高め発毛を促す薬ですので、不妊に影響は基本的にはないと考えていただいてよいですので、AGA治療を継続したい方はミノキシジルでの継続をお勧めいたします。

京野アートクリニック高輪

医師部 田井俊宏

参考文献

Pereira, Ana Francisca Junqueira Ribeiro, and Thaissa Oliveira de Almeida Coelho. “Post-finasteride syndrome.” Anais Brasileiros de Dermatologia 95 (2020): 271-277.

Overstreet, James W., et al. “Chronic treatment with finasteride daily does not affect spermatogenesis or semen production in young men.” The Journal of urology 162.4 (1999): 1295-1300.

Liu, Kimberly E., et al. “Propecia-induced spermatogenic failure: a report of two cases.” Fertility and sterility 90.3 (2008): 849-e17.

Chiba, Koji, et al. “Finasteride-associated male infertility.” Fertility and sterility 95.5 (2011): 1786-e9.


診療時間

診療科目:婦人科・泌尿器科(生殖補助医療)

診療時間
7:30〜16:30
(最終予約 16:00)
AM
のみ
日曜は 8:30~12:00 で診療いたします
祝日も休まず診療いたします

ご予約・お問い合わせ

03-6408-4124

お電話受付時間
月〜水・金・土:
8:00〜16:30
木:
8:00〜12:00
日:
8:30〜12:00
祝日は曜日に順じます
2022年3月卒業予定者対象