1. TOP
  2. 医療コラム
  3. 不妊専門相談センター

医療コラム

コラム 2019.06.25

不妊専門相談センター

こんにちは。梅雨の季節になってきました。

気温差がある時期ですので皆様体調など崩されないように十分ご注意ください。

さて、今回のコラムは厚生労働省による不妊治療に関する取組みについてです。

過去のコラムでご紹介したように、厚生労働省による取組みには、不妊治療に要した費用の一部を助成する「特定不妊治療費助成金制度」

仕事と不妊治療の両立を行う従業員の方へのツールとなる「不妊治療連絡カード」などがありますが、

今回は「不妊専門相談センター」についてです。

不妊専門相談センターとは、不妊に悩むご夫婦に対し、

不妊に関する医学的・専門的な相談や不妊による心の悩み等について医師や助産師等の専門家が相談に応じ、

診療機関ごとの不妊治療の実施状況などに関する情報提供を行っています。

全国67自治体に73センターが設置されており、電話、面接、電子メールでの相談対応となっています。

各センターにより相談方式や相談内容などは異なっておりますが、

不妊に関する一般の相談から、不妊治療と仕事の両立に関する相談、

泌尿器科医師による男性不妊専門相談を行っているセンターもございます。

また、同じ悩みを持った方達が集まってお話をするグループ相談会や不妊カウンセラーによる講演会や交流会の開催などもあります。

不妊専門相談センターへの相談件数は、平成8年度に開設以降、年々増加傾向にあり年間20,000件を超えています。

不妊治療に関して不安や疑問をお持ちの際は、不妊専門相談センターを活用されてみてはいかがでしょうか。

また、当院でも生殖心理カウンセラーによる「心理カウンセリング」

認定遺伝カウンセラーによる「遺伝カウンセリング」がございます。

心理カウンセリングでは、治療を受けられる方のこころのケアなど幅広くご相談いただけます。

遺伝カウンセリングでは、高齢妊娠や生まれてくる赤ちゃんの病気の可能性や遺伝子や染色体に関することなどのご相談が可能です。

どちらもご予約が必要となりますので、ご希望の際はお電話か当院受付にてご予約をお願いいたします。

不妊専門相談センターやカウンセリングをご利用いただくことにより、少しでも皆様の精神的不安が軽減されればと思います。

何かご不明な点やお困り事がございましたら、当院受付スタッフまでお気軽にお声がけください。

 

関連リンク

〇厚生労働省「不妊に悩む夫婦への支援について」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000047270.html

 

〇心理カウンセリングのご案内

(仙台)https://ivf-kyono.jp/medical/counseling.php

(高輪)https://ivf-kyono.com/about/psychological-counseling/

 

〇遺伝カウンセリングのご案内

(仙台)https://ivf-kyono.jp/medical/hereditary-counseling.php

(高輪)https://ivf-kyono.com/about/genetic-counseling/

 

 

仙台受付部 伊藤友子


よくあるご質問はこちら
お問い合わせの多いご質問をまとめました。

診療時間

診療科目:婦人科・泌尿器科(生殖補助医療)

診療時間
7:30〜17:00
(最終予約 16:00)
午前
のみ
日曜は 9:00~14:00 で診療いたします
日曜の最終予約時間は 11:30 となります
祝日も休まず診療いたします

ご予約・お問い合わせ

03-6408-4124

お電話受付時間
月・水〜土:
8:00〜17:00
火:
8:00〜13:00
日曜はお電話の受付はしておりません
祝日は曜日に順じます