1. TOP
  2. 医療コラム
  3. 察してほしい

医療コラム

コラム 2020.02.25

察してほしい

こんにちは、生殖心理カウンセラーの菅谷典恵です。

 

「私の気持ちをパートナーが察してくれない」

というお話をしばしばお聞きします。

 

生理が来そうな気配があり、不安になってきて、

パートナーから言葉をかけられるのを待ち、

パートナーが何も言ってくれないことに落胆し、

イライラしてけんかになる。

 

こうしたスパイラルに陥っている方は多いと思います。

 

もし、パートナーが自ら相手の気持ちを察して言葉をかけられる、としたら・・・それは超能力に近いものだと思われます。

「自分ではない相手の要求を、本人に確かめることなしに、実行に移し、喜ばせる」

難易度高いですよね。

 

その解決方法は「率直に相手に伝える」ということです。

自分の気持ちは、言葉にして相手に伝えて、初めて認識されるものです。

 

「何か言われるのを待つ」

のではなく、相手に言ってもらえる状況を作ってみてください。

素直に伝えることです。

「生理が来てしまいそうで不安で怖い。あなたに『大丈夫』って言って励ましてほしい。」

普段からパートナーも、あなたからの「察して」というプレッシャーを感じているので、こう伝えた方がそのプレッシャーから解放され、楽になります。

こうして欲しい、ということがあれば、リクエストしてみましょう。

そして、してもらえたら、必ず感謝を伝えましょう。

ぜひ挑戦してみてください。


よくあるご質問はこちら
お問い合わせの多いご質問をまとめました。

診療時間

診療科目:婦人科・泌尿器科(生殖補助医療)

診療時間
7:30〜17:00
(最終予約 16:00)
午前
のみ
日曜は 9:00~14:00 で診療いたします
日曜の最終予約時間は 11:30 となります
祝日も休まず診療いたします

ご予約・お問い合わせ

03-6408-4124

お電話受付時間
月〜水・金・土:
8:00〜17:00
木:
8:00〜13:00
日曜はお電話の受付はしておりません
祝日は曜日に順じます