1. TOP
  2. 医療コラム
  3. 凍結融解胚移植と周産期合併症

医療コラム

コラム 2023.12.25

凍結融解胚移植と周産期合併症

仙台院胚培養士の熱海です。

 

日本では、日本産科婦人科学会に登録し認可された施設によって体外受精が行われております。登録施設は、治療開始から妊娠・出産経過について、日本産科婦人科学会に報告することが義務づけられています。

 

当院では、開院以来、妊娠され卒業された患者さまに出産時の母子の状態、ならびに出生児の発育状況のアンケートをお願いしております。

 

今回のコラムでは、「凍結融解胚移植」と「周産期合併症」に着目し、以前、学会発表にて報告した当院の結果を示しつつ、いくつか論文をご紹介したいと思います。

 

 

周産期合併症とは

妊娠22週~出生後満7日未満までに起こり得る母体側の問題であり、これは全妊婦の54.8%に発生するといわれております(2019年厚労省妊婦加算検討会https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03949.htmlより)。

なかでも生殖補助医療(ART)は、早産、妊娠高血圧症候群、癒着胎盤などと関連することが報告されています。

 

 

当院の結果

新鮮胚移植(胚盤胞)または凍結融解胚移植(胚盤胞)を実施し、妊娠された方の周産期合併症の発症率を検討しました。

 

新鮮胚移植(胚盤胞) 凍結融解胚移植(胚盤胞) P値
妊娠高血圧症候群 0.0 % (0/140) 6.5 % (154/2381) < 0.01
常位胎盤早期剥離 0.7 % (1/140) 0.4 %   (9/2381) N.S.
胎盤異常(形成位置) 0.7 % (1/140) 1.2 % (29/2381) N.S.
胎盤異常(癒着) 0.0 % (0/140) 1.3 % (30/2381) N.S.

 

✓凍結融解胚移植(胚盤胞)では、妊娠高血圧症候群の発症率が有意に増加

✓胎盤異常(癒着)は、凍結融解胚移植(胚盤胞)のみでみられたが、有意な差はなかった

 

新鮮胚移植(胚盤胞)の実施数が少ないこともありますが、このデータで考慮すべき点は、凍結融解胚移植(胚盤胞)のおよそ9割がホルモン周期で行われていたことです。

 

 

論文紹介

凍結融解胚移植(胚盤胞)における子宮内膜を整える方法が、周産期合併症とどのように関連するのか

<対象>

自然周期 NC 4727症例  ホルモン補充周期 HRT 1642症例  排卵誘発を伴う周期 OI 517症例

<結果> 一部抜粋 ※年齢、BMI、月経不順などの影響を考慮し調整した結果

調整後 OR(95% Cl) P値
 妊娠高血圧症候群 ※※
NC 1
HRT 2.00(1.54-2.60) <0.001
OI 1.02(0.62-1.65) 0.853
妊娠糖尿病
NC 1
HRT 1.10(0.84-1.45) 0.47
OI 1.49(0.97-2.19) 0.056
前置胎盤
NC 1
HRT 1.52(0.88-2.64) 0.133
OI 1.35(0.55-3.27) 0.514

※※妊娠高血圧症、子癇前症、HELLP症候群を含む

 

✓自然周期と比較し、ホルモン補充周期は妊娠高血圧症候群のリスクが高い

 

 

論文紹介

日本産科婦人科学会に登録されているデータをもとに発表された論文

<対象>

自然周期(排卵誘発を伴う周期も含む) 29760周期  ホルモン補充周期 75474周期

<結果> 一部抜粋

NC n(%) HRT  n(%) P値
妊娠高血圧症候群 237(3.0%) 656(4.0%) <0.001
妊娠糖尿病 256(3.3%) 249(1.5%) <0.001
前置胎盤 66(0.9%) 119(0.7%) 0.343
胎盤剥離 6(0.1%) 26(0.2%) 0.129
癒着胎盤 11(0.1%) 142(0.9%) <0.001

 

✓自然周期と比較し、ホルモン補充周期は妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、癒着胎盤のリスクが高い

 

 

ホルモン補充のレベルは各クリニックの判断によって異なり、また日程調整の都合などから、ホルモン補充周期が選ばれることもあります。

そのため、細かい点までは検討できていない状況ですが、ご紹介した2本の論文では共通して、ホルモン補充周期が妊娠高血圧症候群のリスク増加と関連しているとされています。

これらは、妊娠初期に起こる胎盤形成期にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが崩れることで、胎盤形成の欠損が引き起こされ合併症へとつながる、との報告があります。(S K Dey et al, Endocrine Reviews, 2003、Kaser DJ,et al. Fertil Steril. 2015)

 

 

しかし、一概にホルモン補充を行わずに、移植に臨むことが望ましいとも言い切れません。

母体側の不妊原因を第一に考慮しつつ、当院ではホルモン補充により妊娠高血圧症候群を発症された患者さまには、次回の治療では自然周期での治療を進めております。

 

 

ARTの妊娠と周産期合併症、児の出生時や発育の状況は、不妊原因をはじめ、年齢や人種など多くの原因が関わってきます。

今後も、妊娠されたあと、周産期、お子さまの発育に関しても、皆さまが安心して過ごせますよう、情報提供をしていきたいと思います。

 

ご不明な点などございましたら、ぜひ当院のスタッフまでお声かけください。

 

 

最後になりますが、日々アンケートにご協力していただいている皆さまには、この場を借りて感謝申し上げます。

 

 

京野アートクリニック仙台

培養部 熱海夕子


診療時間

診療科目:婦人科・泌尿器科(生殖補助医療)

診療時間
7:30〜16:30
(最終予約 15:00)
休診
日曜は 8:30~12:00 で診療いたします
祝日も休まず診療いたします
診療内容によって予約可能時間が異なります。
不明点はスタッフまでお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせ

03-6408-4124

お電話受付時間
月・水〜土:
8:00〜16:30
日:
8:30〜12:00
祝日は曜日に順じます
2022年3月卒業予定者対象