論文発表

2016年

タイトルARTと更年期治療.

京野廣一, 橋本朋子, 竹内巧.
更年期と加齢のヘルスケア. 2016:15;155-158.

タイトル卵子・卵巣組織保存の進歩.

京野廣一, 中村祐介, 谷雅代, 橋本朋子.
産と婦. 2016:83;758-761.

タイトル卵巣組織の個別化.

京野廣一, 町田真雄子, 橋本朋子, 小泉雅江, 土信田雅一, 戸屋真由美, 竹内巧, 五十嵐秀樹.
Hormone Frontier in Gynecology. 2016:23;11-16.

タイトル特集生殖医療UP-TO-DATE 卵巣刺激の個別化.

京野廣一, 町田真雄子, 橋本朋子, 小泉雅江, 土信田雅一, 戸屋真由美, 竹内巧, 五十嵐秀樹.
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY 2016:23(3);195-200.

タイトル排卵誘発法/卵巣刺激法-アロマターゼ阻害剤.

京野廣一.
不妊・フイク診療指針. 12016:2498-249.

タイトル胚培養士の業務と役割.

青野展也.
不妊・フイク診療指針. 12016:2498-249.

2015年

タイトル血栓症と生殖補助医療.

京野廣一.
日本生殖医療心理学会誌. 2015:1;34-40.

タイトル生殖補助医療:卵子提供ならびに妊孕性温存と血栓症.

京野廣一.
日本生殖医療心理学会誌. 2015:2;5-8.

2014年

タイトル採卵 -いかにして安全に良質の卵子を獲得するか.

京野廣一.
医学のあゆみ. 2014:249;77-82

タイトルPCOSにおける生殖補助医療.

京野廣一.
産と婦. 2014:81; 865-870.

タイトルARTの実際. 現代生殖医療のメインストリーム.

京野廣一.
産婦人科の実際. 2014:63; 1772-1776.

タイトル妊孕性温存法.

京野廣一.
生殖医療ポケットマニュアル日本生殖医学会.2014:330-335

タイトル性の健康と最新ART.

京野廣一.
性の健康医学財団編. 中央法規出版. 130-131.

2013年

タイトル生殖補助医療技術(ART). 産科婦人科疾患最新の治療2013-2015. 吉川史隆, 倉智博久, 平松祐司 編.

京野廣一.
株式会社南江堂. 2013;201-203.

タイトル流産経験症例における顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(granulocyte-macrophage colony-stimulating factor; GM-CSF) 含有培養液の有用性.

中條友紀子, 服部裕充, 京谷利彦, 池野妙花, 佐藤祐香里, 中村祐介, 平田和成, 土信田雅一, 戸屋真由美, 京野廣一.
日本臨床エンブリオロジスト学会雑誌. 2013;15:4-7.

タイトル二人のための不妊治療ガイドブック.

京野廣一.
株式会社バズラボ. 2013.

タイトル採卵法.

京野廣一, 土信田雅一, 竹内巧.
臨婦産. 2013;67:1004-1010.

タイトルVitrified-warmed and fresh oocytes yield comparable outcomes when fresh testicular sperm is utilized.

Nakajo Y, Hattori H, Sato Y, Kanto S, Araki Y, Kyono K.
J Clin Embryo. 2013;16:138-144.

タイトルA live birth from vitrified-warmed oocytes in Philadelphia chromosome-positive acute lymphoid leukemia patient 5 years following allogenic bone marrow transplantation and after magnitude 9.0 earthquake in Japan.

Doshida M, Nakajo Y, Toya M, Kyono K.
Reprod Med Biol. 2013;12:187-191

タイトルThe precise timing of embryo splitting for monozygotic dichorionic diamniotic twins: when does embryo splitting for monozygotic dichorionic diamniotic twins occur? Evidence for splitting at the morula/blastocyst stage from studies of in vitro fertilization.

Kyono K.
Twin Res Hum Genet. 2013;16:827-832.

タイトルFertility Preservation.

Kyono K.
J. Mamm. Ova Res. 2013;30:101-108.

タイトルEvaluation of oxygen consumption in human vitrified and warmed pre-antral follicles after prolonged temperatures.

Kyoya T, Nakamura Y, Miyatani S, Miyagawa T, Tomiyama T, Kyono K.
Reprod Med Biol. 2014;13:47-52

タイトル性の健康と最新ART. 性の健康医学財団編.

京野廣一.
中央法規出版. in press.

タイトルPCOSにおける生殖補助医療.

京野廣一.
産科と婦人科. in press.

2012年

タイトルA successful birth of healthy monozygotic dichorionic diamniotic (DD) twins of the same gender following a single vitrified-warmed blastocyst transfer.

Shibuya Y, Kyono K.
J Assist Reprod Genet. 2012;29:255-7.

タイトルAMH低値患者における妊娠、非妊娠患者の背景、治療内容の検討.

沢野知美, 黒澤郁恵, 木村恭子, 嵯峨真奈美, 土信田雅一, 戸屋真由美, 京野廣一.
受精着床誌. 2012;29:26-31.

タイトル単一胚移植から発生した二絨毛膜二羊膜性双胎;レビュー.

土信田雅一, 戸屋真由美, 荒木康久, 京野廣一.
受精着床誌. 2012;29:1-4.

タイトルBirth and follow-up of babies born following ICSI with oocyte activation using strontium chloride or calcium ionophore A23187.

Kyono K, Takisawa T, Nakajo Y, Doshida M, Toya M.
Mamm. Ova Res. 2012;29:35-40.

タイトル生殖細胞および組織の凍結.

京野廣一.
Medical Science Digest. 2012;38:11-4.

タイトル採卵法. 図解よくわかる臨床不妊症学【生殖補助医療編】第2版.

京野廣一, 戸屋真由美, 土信田雅一.
中外医学社. 2012;60:150-58.

タイトル双胎の新発生機序-実際に確認された事実のみからの検証-.

京野廣一.
IVF学会誌. 2012;15:13-9.

タイトルこれからの治療 卵巣凍結保存.

京野廣一.
産婦の実際. 2012;61:1953-61.

よくあるご質問はこちら
お問い合わせの多いご質問をまとめました。